株価チャートを毎日分析
株価チャートを毎日分析スイングトレード支援サイト
ロケットストック
データ更新日時
▼ 最新シグナル
2017-05-27 12:29
▼ 全データ分析
2017-05-27 12:29
スイングトレード支援サイト


ステップアップ
「株式投資をやってみたい・・・でも難しそう」
株式投資は簡単です。まずは、ここから始めましょう!
株は企業が運営資金を提供してくれた人に対して発行する証券です。
株式会社は株券を発行して資金を集め、その資金を元に事業を拡大します。
業績が伸びれば、資金を提供してくれた株主に利益を分配します。これを配当といいます。
上場されている企業の株は、株式市場を通じて売ったり、買ったりすることができます。
株の値段は、株式市場で売買されるときの需給関係で決まります。
配当が高かったり、将来業績が伸びそうな企業の株は人気があり、買いたい人が多いので高くなり、人気のない株は安くなります。
つまり株が安いときに買って、高くなったら売れば、その差額が儲けになります。この差額のことをキャピタルゲインといいます。
株を買って配当をもらったり、キャピタルゲインを稼いだりすることが株式投資です。
誰でもできます。
株式投資はお店で商品を買うように、証券会社で株券を買うだけですから、欲しい株が買えるお金があれば誰でも買うことができます。
ただし証券会社によっては、未成年の場合には保護者の承認が必要だったり、信用取引のような特殊な売買をする場合は審査が必要になる場合があります。
株を買うために必要な金額は銘柄(会社)によって違います。
株の値段「株価」は株式市場の取引で決まりますから毎日変わります。
株価は新聞や、Yahoo!のように価情報を掲載しているポータルサイト、口座を開設した証券会社のホームページなどで調べることができます。
株には単元株数という売買単位があり、たとえば株価が 300円で単元数が 1,000株単位なら、300 x 1,000 = 30万円が最低限必要な金額です。
単元株数は銘柄によってそれぞれ異なり、昔は1,000株単位が一般的でしたが、現在は100株、10株、50株などいろいろです。また、単元株数が設定されていない銘柄は1株から買うことができます。
ロケットストックでは投資予算金額を設定しておけば、予算の範囲内で買える銘柄だけを検索することができるので、特に単元株数を気にする必要はありません。
株は証券会社で売買します。
証券会社を利用するためには、まず自分に合った証券会社を選んで口座を開設する必要があります。
昔からある大手の証券会社は、銀行のように全国各地に支店があり、店頭で担当者と話しをしながら売買注文を出すことができます。
最近増えてきたインターネット専門の証券会社(オンライン証券)は支店はありませんが、パソコンからいつでもオンラインで注文でき、手数料が安いことが魅力です。
インターネットに接続して、今このホームページを読んでいるあなたには、もちろんオンライン証券をおすすめします。
オンライン証券には、オンライン専業の会社と、店頭注文もできる兼業の会社があります。
またインターネットでの注文も、注文方法や手数料、提供している情報サービスなど、証券会社によってそれぞれ特徴がありますので、各社のホームページを見て、自分が気に入った会社を選びましょう。

最初はどの証券会社にしてよいか迷うかもしれませんが、現在ほとんどのオンライン証券会社では口座の維持管理手数料などはかかりませんから、もし後から違う証券会社に変えたければ、また新しく口座を作ればいいだけですので、それほど難しく考えなくても大丈夫です。
はじめから複数の会社で口座を開設して、実際に使って比べてみてもいいかもしれません。
また証券会社によっては口座開設から何ヶ月かは売買手数料が無料になるキャンペーンなどをしている場合もありますので、投資金額が少ない場合などは使ってみるとよいでしょう。
証券会社が決まったらホームページから申し込みをします。
申し込み用紙などの書類が送られてきますので、必要事項を記入して印鑑を押し、送り返せば数日~十数日程度で口座が開設されます。
口座が開設されたら、銀行口座などから投資資金を入金して準備完了です。

証券会社が決まってホームページで申し込みをしたら、実際に口座が開設されるまでの間に株式投資の勉強をしましょう。
株式投資そのものは簡単で誰でもできますが、株式投資で儲けることはそれほど簡単ではありません。
株式投資は、投資家同士が株を売買し、その差額によって儲かったり損をしたりする仕組みです。
つまり「誰かが儲かる」というのは「誰かが損をしている」ということにほかなりません。株式投資は「頑張ればみんなが儲かる」といったものではないのです。
そしてあなたが株式投資で儲けるために相手にしなければならないのは百戦錬磨の投資のプロたちです。

株式投資で勝つために必要な要素はいろいろありますが、重要なのは、「知識」「経験」「情報収集力」「情報分析力」「相場観」「運」「度胸」などでしょうか。
「経験」は年季を積まなければ得られませんし、「相場観」や「運」は努力してもいかんともしがたい部分です。
しかし「知識」は勉強すれば身につきますし、「情報収集力」や「情報分析力」も努力すれば向上します。

株式投資の世界には、いろいろな専門用語や、特殊な売買の決まりなどがあります。
このホームページでは、それらのすべてを解説することはできません。
あなたがもし、株式投資がまったく初めてで、株式投資の知識がゼロならば、まずは書店へ行って、株式投資の入門書を2、3冊買ってきて読んでみましょう。
株式売買の基本的なしくみや、簡単な用語解説が書かれている本を一冊と、オンライン証券で株式投資を始めたい人のための入門書くらいは読んでおくべきです。
入門書のほかには、「こうすれば儲かる」という内容のノウハウ本、「こうして儲かった」という内容の経験本などがありますので、時間に余裕があれば読んでみるといいかもしれません。

本を読むこと以外の勉強方法としては、インターネットで株式投資関連のホームページや投資家のブログ(日記)を読んでみることがあげられます。
インターネット上では、書店にある書籍よりはるかに多くの情報が得られますし、好きなときに好きなだけ手軽に利用できて便利です。
いまロケットストックを読んでいるあなたは、何らかの方法でこのページを見つけたわけですから、インターネットで情報を探す方法は、すでにご存知だと思います。
しかし、ひとつ注意していただきたいのは、誰もが自由に情報を発信できるインターネットには、非常に多くの悪質な情報も氾濫しているということです。
もしあなたがインターネットで「必ず儲かるマル秘情報1銘柄○万円」といったサイトを見つけたら、十分に注意をするべきです。
常識的に考えて「必ず儲かる銘柄情報」を持っている人は、それを数万円で売るよりも、自分でその銘柄に何百万円でも投資すればはるかに大きく儲けられるはずです。
情報を販売しているサイトのすべてが悪質だと言うつもりはありませんが、少なくともあなたは、自分で銘柄を選び、売買のタイミングを決められるようになるまでは、他人の情報をお金で買うべきではありません。
お金を出して情報を買い、それで大儲けできるなら、株で損をする人などいないはずです。

「私はこうして儲かった」という類の経験本や、いわゆるカリスマトレイダーとい呼ばれる人のブログも、その内容がすべて真実で役に立つとは限りません。
世の中には確かに株式投資で大儲けした人が存在していて、そのような人たちは、本やブログを書いたて有名になったりします。
しかし中には、どう考えても疑わしい内容のものもありますし、講演会や印税だけで稼いでいそうな有名投資家も存在するような気がします。
本当に儲かる情報やテクニックを持っている人は、それを他人に公開したりはしないのです。
もしカリスマトレイダーの投資手法がホンモノであったとしても、すべての人が同じ事をして儲けられるとは限りません。
世の中には同じような投資手法で損をしている人がいるかもしれず、そういった人は「私はこうして損をした」といった本を書いたりしませんし、もし書いても大抵の人は失敗談に興味を示しませんから成功談だけが有名になるのです。

株式投資の世界では、誰も他人の利益のためにチャリティーやボランティアをする人はいません。
株式投資は、自分で判断して、自分で責任を負うことがルールです。
最後に頼りになるのは、あくまでも自分の「知識」や「経験」や「相場観」だということを決して忘れないでください。

株式投資についての基本的なことがらを勉強したら、まずは銘柄選びです。
ロケットストックに興味を持って、このページを読んでいるあなたは「よし、ロケストの成績ランキング1位を買えばいいんだな」と思うかもしれません。
でもちょっと待ってください。
ロケットストックは「必ず儲かる銘柄情報」を提供するサイトではないのです。

銘柄選びには、いくつかのプロセスがあります。
まず第一は「買えない銘柄を省く」ことです。
買えないものの代表は、株価が高い銘柄です。
もしあなたが、あまりたくさんの資金を持っていないとしたら、買える銘柄は限られてきます。
たとえば株価が1,000円で最小単元株数が1,000株の銘柄は最低100万円なければ買えません。
現在ロケットストックでは4000銘柄近くの株価を分析していますが、投資に充てられる資金が10万円ならば、買える銘柄は400種類程度になります。
また、証券会社によっては、名古屋、札幌、福岡などの地方市場銘柄を取り扱っていない場合もあります。
このあたりまでは、消去法で必然的に省かなければならない条件ですので、特に難しくはありません。
ロケットストックの[シグナル検索]では、投資可能な予算範囲を設定し、検索したい市場だけにチェックを入れればOKです。

次に少し難しいのは「投資スタイルに合った銘柄に絞る」ということです。
ロケットストックが株価を分析する際に前提としている投資スタイルは、1日~10日程度のあいだに、4%~8%の利益を目標としたスイングトレードと呼ばれる短期投資です。
もしあなたが、「できれば2、3日間隔で資金を回転させたい」と考えるなら、当然2、3日のあいだに株価が目標価格まで動く可能性がある銘柄を選ばなければなりません。
反対に、「もう少し長い時間をかけてもいい」と考えるなら、値動きの幅小さくても、安定して少しずつ上昇している銘柄を選んだほうがリスクが少なくなります。
簡単に言えば、「株価が派手に動く銘柄」を選んでスピード勝負をするか、「地味に安定している銘柄」を選んでリスクを避けるかという方針で銘柄を選ぶということになります。
ロケットストックでは、「共通スケール対数チャート」([ヘルプ:共通:株価チャート])で、株価の値動きの大きさを同じ基準で比べることができます。
チャートをよく見て、自分の投資スタイルに合った銘柄に絞り込みましょう。

ある程度まで候補銘柄を絞り込んだら、それぞれの銘柄を個別に調べてみましょう。
表示されている分析情報の株式コードをクリックすると[銘柄チェック]にジャンプします。
このページには、代表的なポータルサイトへのリンクが貼ってありますので、最新の株価や、ニュース、アナリストの評価などを調べてみましょう。
また、口座を開いた証券会社のホームページからも、いろいろな情報を得られるはずですから、できるかぎりの情報を集めてみましょう。
株価を動かす要因となるニュースのことを「材料」といいます。
良い材料が出れば株価は上がり、悪い材料が出れば下がります。
しかし良い材料が出て、すでに株価が上がりすぎていれば、反落するリスクも大きくなります。
反対に悪い材料が出ても、株価が下がりすぎていれば、反発して上昇する可能性もあります。
リスクを避けるなら、買いシグナルが出ていても、急激に株価が上昇したり下降している銘柄は避けたほうが賢明かもしれません。
ある程度のリスクを覚悟しても、短期で大きな利益を狙うなら、急上昇を始めた銘柄に飛び乗ればチャンスがあるかもしれません。
いずれにしても、銘柄選びの最終的な決断は、自分自身でおこなわなければなりません。

投資する銘柄が決まったら、いよいよ株を買うことになります。
オンライン証券で株を買う場合、注文はホームページの操作ですべてできますから何も難しいことはありません。
注文を出すページや、細かい条件指定の方法などは証券会社によって違いますから、その会社のホームページでヘルプなどを読んで確認してください。

株を買う場合、基本的には、買いたい株の銘柄名(会社名)と株数を指定するだけです。
八百屋さんで「キュウリを3本ください」というのと同じです。
ただし、お店で商品を買う場合と異なるのは、株を売買する場合「指値(さしね)」と「成行(なりゆき)」という、2種類の注文方法があることです。

実は、現在「1,500円」という価格がついている株は、「1,500円で買える」という意味ではありません。
「1,500円」という値段は、「最後に取引されたときの価格が1,500だった」ということを示しているのであって、次に売買されたときの価格が1,500円になるという保障はありません。
たとえば「株価が1,500円」の銘柄には、「1,600円で売りたい人」と「1,400円で買いたい人」が、すでに注文を出しているかもしれないのです。
この場合「1,400円で買いたい人」は「1,400円で売りたい人」が現れるまで、その株を買うことはできません。
このような注文方法を「指値」といいます。
また、買いたい値段、あるいは売りたい値段を指定せずに注文を出すことを「成行」といいます。
たとえば「1,600円で売りたい人」と「1,400円で買いたい人」が注文を出している銘柄に、「成行」で買い注文を出すと「1,600円」で売買が成立します。

指値の場合、必ず買える保障はありませんが、自分が指定した値段より高く買ってしまうことはありません。
成行の場合、自分が希望する値段で買えるかどうかわかりませんが、確実に買うことができます。
株は「安く買って高く売る」のが基本ですから、買い注文を出すときは、基本的には安いところに指値で注文を出し、その値段で買えるのを待つほうが良いと思います。
しかし、もし選択した銘柄が上昇する確信があって、株価が下がる気配がないと思った場合は、成行で買ったほうがいいかもしれません。

株を売ることは、ある意味では株を買うことよりも難しいといえるかもしれません。
ロケットストックの売買シミュレーションでは、株価が買いシグナル翌日の始値から+4%~+8%以上になれば利益確保の売り、-4%~-8%を下回れば損切りの売り(ロスカット)と判断しています。
理論的には、同様の範囲で利益確定とロスカットをおこなえば、ロケットストックでの統計と同程度のパフォーマンスが期待できるはずです。
利益目標は利幅が小さいほど成功率が高くなりますので、ロケットストックのシグナルで買ったのなら、+4%で売り指値を出しておくのが安全です。
そして少なくとも株価が-8%下落したら、あきらめてロスカットすることをお勧めします。
しかし、懸命に銘柄選びをし、情報を集め、上がると確信して買った銘柄が、意に反して下がった場合、機械的に損切をすることは非常に勇気がいることです。
反対に、買った銘柄が、自分が思っていた以上のペースで上昇し、人気化したときには、まだまだ価格が上がりそうに思えて、「ここで売るのはもったいない」という気になってしまうものです。

売りのタイミングを計ることは、結局は自分の「欲望」や「願望」や「幻想」との戦いです。
そして、よほどの精神力の持ち主でなければ、この戦いに勝利することは難しいのです。
しかし私たちは、すべての売買を機械的にやれとはいいません。
すべての個人投資家に鋼(はがね)の精神力を要求することはできません。場合によっては上値を追ったり、損切りを延ばしたりしてもいいと思います。
ただし、もしあなたがロケットストックの買いシグナルを参考にして銘柄選びをするのであれば、買った銘柄を何週間、何ヶ月も持ち続けることは避けるべきです。
ロケットストックのデータ分析は、中長期の株価の動きにはまったく配慮されていません。
ロケットストックが前提としている投資スタイルは、短期スイングトレードです。
ひとつの銘柄を長く持ち続けると、買いシグナルの意味がないことはもちろん、短期間で資金を回転させ、小さな利益を効率よく積み重ねるといった重要な投資戦略が意味を成さなくなってしまいます。
ロケットストックの投資戦略については[ステップアップ:STEP4:スイングトレード入門]を参照してください。

Copyright(C)2002-2017 Landwarf Inc. All Rights Reserved.