株価チャートを毎日分析
株価チャートを毎日分析スイングトレード支援サイト
ロケットストック
データ更新日時
▼ 最新シグナル
2017-09-26 01:13
▼ 全データ分析
2017-09-26 01:13
スイングトレード支援サイト


初めての方へ
ロケットストックをご利用いただく上で、特に重要ないくつかの事柄があります。
ぜひご一読ください。
なお、ロケットストックのメニューで表示される内容は、いくつかのページに分かれている場合があります。
各ページの一番上と一番下には、ページを切り替えるためのリンク(ページ内メニュー)がありますので、このリンクをクリックしてページを切り替えてください。
ロケスト(ロケットストック)は、スイングトレード(短期投資)のための銘柄選びを手助けする分析サイトです。
もう少し詳しく言うと「利用者の投資予算や投資スタイルに合わせてスイングトレードに適した銘柄を絞り込むためのツール(道具)」として活用するサイトです。
日本の株式市場には4000近くの銘柄があり、この中にはスイングトレードに適した銘柄と適していない銘柄があります。
さらにスイングトレードに適した銘柄でも、投資に適した時期やタイミングが存在します。
投資予算が少ないために買えない銘柄や、証券会社によっては福岡、札幌などの単独上場銘柄は買えないといったことがあるかもしれません。
いくつもの条件をクリアして自分の投資環境に合った銘柄をリストアップするのはとても大変な作業です。
ロケストの[シグナル検索]は、この銘柄選びの最初のステップを、最新の分析情報を元にお手伝いします。
ロケストの基本的な利用方法については[ステップアップ:STEP3:ロケットストックを使ってみる]を、スイングトレードについては[ステップアップ:STEP4:スイングトレード入門]をあわせて参照してください。
ロケストは毎日の株価を独自のテクニカル手法で分析し、スイングトレードに適した銘柄を絞り込みます。
さらに乖離率などの状態から買いのタイミングと考えられる銘柄を「買いシグナル」と判定し、その後の株価の経緯を「売買シミュレーション」という形で検証します。
売買シミュレーションの結果はデータベースに蓄積され、統計化されて、その成績はランキングなどの情報として表示されます。
株価や出来高が過去の上昇パターンと一致した場合に新規の買いシグナルが点灯しますので、統計的には株価が上昇し利益を確保できる期待が高いと考えられます。
しかしながら過去の株価による売買シミュレーション成績の良い銘柄に買いシグナルが点灯しても、その株価が明日必ず上昇するという保障はありません。
チャート分析などのテクニカル分析は、あくまでも投資判断を助ける情報のひとつであることをご理解ください。
詳しくは[ステップアップ:STEP6:ロケットストックは当たるのか]もあわせてご一読ください。
株価の上下を決める要因は、中長期的には企業の業績や将来性です。
短期的には前夜のニューヨークダウや為替レート、原油価格などの上下に反応します。
大きな企業の良いニュース、悪いニュースが市場全体の強気、弱気を決めることもありますし、政府の政策発表や海外の紛争のニュースにも影響されます。
このような企業内部、外部の株価変動要因を考えることをファンダメンタル分析といいます。
短期投資になるほど、市場全体の地合には気を配らなければなりません。
市場全体に影響があるような悪材料(悪いニュースなど)があれば、翌日は個別の銘柄の業績にかかわらず「全面安」になるかもしれません。
たとえば前夜にニューヨークダウが大きく下げているのに、寄り付き前に買い注文を出すことは危険です。
個別の銘柄でも業績予想の修正や、新規プロジェクトの発表など、明日の株価に影響がありそうなニュースがないか、といったことは最低限チェックする必要があります。
聞き飽きた言葉かもしれませんが株式投資は「自己判断・自己責任」です。
[ステップアップ]でも詳しく述べていますが「必ず当たるテクニカル分析」は存在しません。
テクニカル分析に限らず、ファンダメンタル分析でも「必ず儲かる投資手法」というものはインサイダー情報でもない限りあり得ないのです。
市場が全面安になれば、買いシグナルが点灯した銘柄もテクニカルな分析結果にほとんど関係なく、高い確率で下落します。
何日か下降相場が続けばロケットストックの統計成績は累積的に非常に悪いものになってしまいます。
たとえ市場全体の下落率より買いシグナル銘柄の下落率が小さくても、利益を得られる可能性が低いことに変わりはありません。
ロケットストックの情報は銘柄選びの情報のひとつとして役立ててもらえることを望んでいますが「どのような相場でも買いシグナル銘柄を買えば必ず儲かる」といった魔法のツールではありません。
それでも下降相場が続くと「ロケットストックは当たらない」「下げている時こそ上がる銘柄を教えてくれなければ困る」といった厳しいご意見を多くいただきます。逆に上昇相場が続くと「この地合いで当たるのはあたりまえだ」と言われます。
ロケットストックに少しでも興味を持っていただき、このトピックを最後まで読んでいただいた方に強調して申し上げたいのは、やはり「株式投資は自己判断・自己責任」という言葉です。
どこかの投資顧問が「必ず上がりますよ」と言って推奨している銘柄を買うことは、自己判断を放棄し自己責任を転嫁していることにほかなりません。
他人や分析プログラムのとおりに投資をして必ず儲かるのであれば、こんなに楽な話しはなく、世の中の人はすべて大金持ちになれるでしょう。
あえて厳しい言い方を許していただけるなら、このような考えで投資をする限り、どのような情報を利用しても株式投資で利益を得ることは永久に不可能なのではないでしょうか。
繰り返しになりますがロケットストックは銘柄選びの道具です。そして最後に投資の判断をおこなうのはあなた自身であり、誰も「必ず儲かる銘柄」を教えてはくれません。
どのような情報も「自分の投資判断」のひとつの材料であると考え、ロケットストックの情報の意味と内容をぜひご理解いただきたいと思います。
そしてロケットストックを、これからの株式投資に役立てていただくことができたら、私たちにとってこれ以上の喜びはありません。
Copyright(C)2002-2017 Landwarf Inc. All Rights Reserved.